東よか干潟 情報

🐟佐賀県支部会員がお届けする「東よか干潟情報」

 です。「潮汐表」と共にご活用ください。

 

 

🐟東よか干潟では、年間約170種類の野鳥

 (渡り鳥 + 留鳥)が観察できます。

 

 

🐟佐賀県支部では毎月、東よか干潟「探鳥会」

 を開催しています。

 経験豊富な野鳥の会リーダーがご案内します。

 是非、ご参加ください。

 

photo=東よか干潟・クロツラヘラサギ(冬鳥)


「東よか干潟」で羽を休めた鳥たちが、旅立っていきます!!!  

東よか干潟 情報 + 写真  8月20日(火)

《確認日》8月20日(火)曇り

《報告者》山のくまさん

 

《確認種》サンドパイパーさんの報告に追加

     (シギ・チドリ類)

     *アカエリヒレアシシギ(チドリ目シギ科ヒレアシシギ類)

 

《状 況》 潮高5.2m、満潮時間11時32分

  

 《雑 感》写真の「アカエリヒレアシシギ」は旅鳥で他所には多く飛来しますが「東よか干潟・大授搦」にはあまり飛来しません。

     昨年は飛来報告がありませんでした。    

右=久しぶりに飛来した「アカエリヒレアシシギ」


東よか干潟 情報  8月20日(火)

《確認日》8月20日(火)10時30分~12時00分/曇り

《報告者》サンドパイパー

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(531羽)  *アカアシシギ(4羽)  *ウズラシギ(1羽)  *オオソリハシシギ(6羽)

     *オグロシギ(5羽)  *オバシギ(15羽)  *キアシシギ(41羽)  *キョウジョシギ(1羽)

     *キリアイ(2羽)  *コアオアシシギ(4羽)  *コオバシギ(3羽)  *シロチドリ(8羽)

     *ソリハシシギ(461羽)  *ダイシャクシギ(25羽)  *ダイゼン(559羽)

     *チュウシャクシギ(117羽)  *トウネン(14羽)  *ハマシギ(950羽)  *ホウロクシギ(37羽)

     *メダイチドリ(9羽)

     (その他)

     *アオサギ(4羽)  *クロツラヘラサギ(1羽)  *ダイサギ(50羽)

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は20種、その他は3種、合計23種でした。

     潮高5.2m、満潮時間11時32分

  

 《雑 感》満潮時、干潟は50mほど残りました。

     朝方は大雨、満潮時間前後は曇りで、東風がやや強かったです。


東よか干潟(シギ・チドリ類)情報 + 写真  8月18日(日)

《確認日》8月18日(日)曇り

《報告者》山のくまさん

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ  *アカアシシギ(7羽)  *ウズラシギ  *オオソリハシシギ  *オオハシシギ

     *オオメダイチドリ  *オグロシギ  *オバシギ  *キアシシギ  *キョウジョシギ

     *<初認>キリアイ(2羽)  *コアオアシシギ  *コオバシギ  *シロチドリ  *ソリハシシギ

     *ダイシャクシギ  *ダイゼン  *チュウシャクシギ  *トウネン  *ハマシギ  *ホウロクシギ

     *ムナグロ  *メダイチドリ

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は23種でした。

     潮高5.4m、満潮時間10時33分

  

 《雑 感》満潮時、干潟は無くなりました。

     今日の干潟の鳥たちの写真です。写真の「キリアイ」は今秋初顔です。

            中央=キリアイ                    右=まだ夏羽が残るオオハシシギ


東よか干潟 の 動画  8月18日(日)

《撮影日》8月18日(日)曇り

《撮影者》チョコパウダー

  

《状 況》 潮高5.4m、満潮時間10時33分

 

 《雑 感》満潮時、柵前の通路は全て水没しました。天気予報では10時、11時は晴れでしたが、干潟はずーと曇りでした。

     動画はモノトーンです。グレー系以外の色は何もありませんでした。でも鳥たちは元気に動き回っていました。


東よか干潟 情報  8月16日(金)

《確認日》8月16日(金)8時00分~10時30分/晴れ

《報告者》サンドパイパー

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(353羽)  *アカアシシギ(2羽)  *オオソリハシシギ(3羽)  *オオハシシギ(1羽)

     *オオメダイチドリ(2羽)  *オグロシギ(7羽)  *オバシギ(5羽)  *キアシシギ(12羽)

     *コアオアシシギ(2羽)  *コオバシギ(1羽)  *サルハマシギ(1羽)  *シロチドリ(10羽)

     *ソリハシシギ(91羽)  *ダイシャクシギ(22羽)  *ダイゼン(341羽) *チュウシャクシギ(29羽) 

     *トウネン(56羽)  *ハマシギ  *ホウロクシギ(30羽)  *ムナグロ(3羽)  *メダイチドリ(77羽)

     (その他)

     *アオサギ(11羽)  *カラシラサギ(1羽)  *クロツラヘラサギ(2羽)  *ダイサギ(57羽)

     *ハヤブサ(1羽)  *ミサゴ(2羽)

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は21種、その他は6種、合計27種でした。

     潮高5.4m、満潮時間9時30分

  

 《雑 感》8時40分に干潟は水没。満潮時、柵前の通路10㎝水没。

      昨日の台風の影響なのか?南風がやや強かったです。


東よか干潟 の 写真  8月14日(水)

《撮影日》8月14日(水)晴れ

《撮影者》山のくまさん

  

《状 況》 潮高5.1m、満潮時間8時15分

 

 《雑 感》いよいよ、秋の渡りの季節に突入。今日の干潟の鳥たちの写真です。

奥の7羽=クロツラヘラサギ

            中央、赤い脚の1羽=キョウジョシギ

中央、後頭部に細い冠羽の1羽=カラシラサギ

            奥、右から4羽目、上面が黄褐色と黒褐色の斑=ムナグロ


東よか干潟周辺  1年間「種別」飛来数(97種類)

 ・・・・

調査期間  2018年8月13日 ~ 2019年8月6日 /1年間

「東よか干潟周辺」で1年間に確認できた鳥たち 97種類

  

鳥たちの鳴き声、たまに聞こえる飛行機の音、陸上自衛隊のヘリコプターの音、海苔畑の船の音

静かで、のどかな「東よか干潟」

鳥たちは、遠い北の国から、遠い南の国からの旅の途中に立ち寄ってくれます。

そんな鳥たちを「日本野鳥の会佐賀県支部 調査隊」が1年間、調査しました。( ´◔ ‸◔`)

 

 

チドリ目  チドリ科 /6種 

  *オオメダイチドリ  *シロチドリ  *ダイゼン  *タゲリ  *ムナグロ  *メダイチドリ

 

チドリ目  ミヤコドリ科 /1種

  *ミヤコドリ

 

チドリ目  セイタカシギ科 /1種

  *セイタカシギ

 

チドリ目  シギ科 /33種

  *アオアシシギ  *アカアシシギ  *イソシギ  *ウズラシギ  *エリマキシギ  *オオソリハシシギ

  *オオハシシギ  *オグロシギ  *オバシギ  *カラフトアオアシシギ  *キアシシギ  *キョウジョシギ

  *キリアイ  *クサシギ  *コアオアシシギ  *コオバシギ  *コシャクシギ  *コモンシギ  *サルハマシギ

  *シベリアオオハシシギ  *ソリハシシギ  *ダイシャクシギ  *タカブシギ  *タシギ  *チュウシャクシギ

  *ツルシギ  *トウネン  *ハマシギ  *ヒバリシギ  *ヘラシギ  *ホウロクシギ  *ミユビシギ

  *ヨーロッパトウネン

 

チドリ目  カモメ科 /6種

  *オニアジサシ  *クロハラアジサシ  *コアジサシ  *ズグロカモメ  *セグロカモメ  *ユリカモメ

  

カモ目  カモ科 /13種

  *アカツクシガモ  *オカヨシガモ  *オナガガモ  *カルガモ  *コガモ   *シマアジ  *スズガモ

  *ツクシガモ  *ハシビロガモ  *ヒシクイ  *ヒドリガモ  *マガモ  *ヨシガモ

 

ペリカン目  サギ科 /7種

   *アオサギ  *アマサギ  *カラシラサギ  *ゴイサギ  *コサギ  *ダイサギ  *チュウダイサギ

 

ペリカン目  トキ科 /2種

   *クロツラヘラサギ  *ヘラサギ

 

タカ目  ミサゴ科 /1種

   *ミサゴ

 

タカ目  タカ科 /4種

  *オオタカ  *トビ  *ノスリ  *ハイタカ

 

ハヤブサ目  ハヤブサ科 /2種

  *チョウゲンボウ  *ハヤブサ

 

ツル目  ツル科 /1種

  *ナベヅル(親子3羽 越冬)

 

その他 /20種

  *ウグイス  *オオカラモズ  *カイツブリ  *カワウ  *カワセミ  *キジバト  *ジョウビタキ  

  *シロハラ  *スズメ  *ツグミ  *ツバメ  *ハクセキレイ  *ハシブトガラス  *ハシボソガラス

  *ヒバリ  *ホシハジロ  *ミヤマガラス  *ムクドリ  *メジロ  *モズ


東よか干潟 情報  8月14日(水)

《確認日》8月14日(水)6時30分~9時00分/晴れ

《報告者》サンドパイパー

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(232羽)  *アカアシシギ(2羽)  *ウズラシギ(3羽)  *オオソリハシシギ(8羽)

     *オオハシシギ(1羽)  *オオメダイチドリ(8羽)  *オバシギ(11羽)  *キアシシギ(4羽)

     *キョウジョシギ(1羽)  *コアオアシシギ(1羽)  *コオバシギ(4羽)  *シロチドリ(21羽)

     *ソリハシシギ(164羽)  *ダイシャクシギ(17羽)  *ダイゼン(316羽)

     *チュウシャクシギ(15羽)  *トウネン(37羽)  *ハマシギ(1、140羽)  *ホウロクシギ(29羽)

     *ムナグロ(2羽)  *メダイチドリ(100羽)

     (その他)

     *アオサギ(45羽)  *カラシラサギ(1羽)  *クロツラヘラサギ(7羽)  *ダイサギ(86羽)

     *ミサゴ(2羽)

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は21種、その他は5種、合計26種でした。

     潮高5.1m、満潮時間8時15分

  

 《雑 感》満潮時、干潟は50mほど残りました。

     「ハマシギ」の数が1、100羽以上になりました、もっともっと多くなって、干潟の空を大乱舞する日が楽しみです。

     春の渡りの時は5月2日の9、890羽が一番多い日でした、が、この時期は「ヘラシギ」大フィーバーで

     「ハマシギ」は、ちょっと影が薄かったですね   ⸜( •⌄• )⸝...♪*゚


東よか干潟(シギ・チドリ類)情報  8月13日(火)

《確認日》8月13日(火)晴れ

《報告者》山のくまさん

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ  *<初認>アカアシシギ(1羽)  *<初認>ウズラシギ  *オオソリハシシギ(8羽)

     *<初認>オオハシシギ(1羽)  *オオメダイチドリ  *オグロシギ(2羽)  *オバシギ  *キアシシギ

     *コアオアシシギ  *コオバシギ(2羽)  *サルハマシギ  *シロチドリ  *ソリハシシギ(454羽)

     *ダイシャクシギ  *ダイゼン  *チュウシャクシギ(3羽)  *トウネン(20数羽)  *ハマシギ

     *ホウロクシギ  *メダイチドリ(150羽)

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は21種でした。

     潮高4.9m、満潮時間7時31分

  

 《雑 感》満潮時、干潟は200mほど残りました。

     秋の渡りが始まり、「シギ・チドリ類」が21種に増えました。

     「アカアシシギ」「ウズラシギ」「オオハシシギ」は今秋(現実は、うだるような炎暑なのですが・・・)の初顔です。


東よか干潟 情報  8月6日(火)台風8号の日

《確認日》8月6日(火)曇り

《報告者》山のくまさん

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ  *オオソリハシシギ(4羽)  *オオメダイチドリ  *オグロシギ(1羽)  *オバシギ(3羽)

     *キアシシギ  *コアオアシシギ  *コオバシギ(2羽)  *シロチドリ  *ソリハシシギ  *ダイシャクシギ

     *ダイゼン  *チュウシャクシギ  *トウネン  *ハマシギ  *ホウロクシギ  *メダイチドリ

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は17種でした。

     潮高5.2m、満潮時間12時48分 台風8号の影響で干潟は無くなりました。

  

 《雑 感》「有明海」では、台風の時にしか見ることが出来ない白波、そんな強風のなかシギ・チドリ類は元気に飛んでいました。

     今日の干潟の鳥たちです。

強風のなか群れて飛翔する「ハマシギ」

            ちょっと久しぶり!!「チュウシャクシギ」

こちらも、ちょっと久しぶり!!「オグロシギ」


東よか干潟 情報  8月4日(日)

《確認日》8月4日(日)快晴

《報告者》山のくまさん

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ  *オオソリハシシギ(1羽)  *オオメダイチドリ(3羽)  *オバシギ(3羽)

     *キアシシギ(2羽)  *コアオアシシギ(1羽)  *シロチドリ  *ソリハシシギ(11羽)

     *ダイシャクシギ(22羽)  *ダイゼン  *ハマシギ(584羽)  *ホウロクシギ(14羽)  *メダイチドリ

     (その他)

     *アオサギ  *カワウ  *ダイサギ  *ハヤブサ  *ミサゴ

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は13種、その他5種、合計18種の鳥たちを確認できました。

     潮高5.7m、満潮時間11時24分  今日も、うだるような暑さでした。熱中症に気をつけながら確認しました。

  

 《雑 感》10時30分、柵際の通路は水没しました。とにかく暑いです。

     今日の干潟の鳥たちの写真です。

 

      上から ★ダイシャクシギ  ★ソリハシシギ  ★ハマシギ  ★ハヤブサ です


東よか干潟 の 写真  7月31日(水)

《撮影日》7月31日(水)晴れ

《撮影者》山のくまさん

  

《状 況》 潮高5.3m、満潮時間8時12分 うだるような暑さ

 

 《雑 感》日に日に、鳥たちが増えてきています。秋の渡りの季節ももうすぐですね。

コオバシギ

            オバシギ

トウネン

            ハマシギ(みんな、お腹が真っ黒の夏羽です)

 


東よか干潟 情報  7月30日(火)

《確認日》7月30日(火)6時00~8時30分/曇り

《報告者》サンドパイパー

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(128羽)  *オオソリハシシギ(2羽)  *オオメダイチドリ(1羽)  *オバシギ(4羽)

     *キアシシギ(3羽)  *コオバシギ(1羽)  *シロチドリ(5羽)  *ソリハシシギ(98羽)

     *ダイシャクシギ(16羽)  *ダイゼン(69羽)  *トウネン(6羽)  *ハマシギ(615羽)

     *ホウロクシギ(17羽)

     (その他)

     *アオサギ(56羽)  *カラシラサギ(1羽)  *クロツラヘラサギ(6羽)  *クロハラアジサシ(1羽)

     *コアジサシ(1羽)  *コサギ(5羽)  *ズグロカモメ(1羽)  *ダイサギ(96羽)

     *ハシボソガラス(19羽)  *ミサゴ(1羽)

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は13種、その他10種、合計23種の鳥たちを確認できました。

     潮高5.0m、満潮時間7時16分

 

 《雑 感》満潮時、干潟は100mほど残りました。

     シギ・チドリ類が1、000羽近くになりました。


東よか干潟 情報  7月22日(月)

《確認日》7月22日(月)11時00~12時30分/曇り

《報告者》サンドパイパー

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(56羽)  *オオメダイチドリ(2羽)  *オバシギ(2羽)  *キアシシギ(1羽)      

     *コアオアシシギ(1羽)  *シロチドリ(17羽)  *ソリハシシギ(49羽)  *ダイシャクシギ(8羽)

     *ダイゼン(33羽)  *ハマシギ(336羽)  *ホウロクシギ(5羽)

     (その他)

     *アオサギ  *ダイサギ

     (カモ)

     *カルガモ

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は11種、その他2種、カモ1種、合計14種の鳥たちを確認できました。

     潮高4.9m、満潮時間11時51分

 

 《雑 感》満潮時、干潟は150mほど残りました。

     前日の大雨により「ゴミ」「ヨシ」「ホテイアオイ」が大量に漂着しています。

 

★写真は7月18日の「ヒロちゃん」のベストショット "👀"「ホウロクシギ」は不思議な姿です。 /ヒロちゃん

 左=オオソリハシシギ  右=ホウロクシギ


東よか干潟 情報  7月17日(水)

《確認日》7月17日(水)8時00~9時30分/曇り

《報告者》サンドパイパー

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(11羽)  *オオソリハシシギ(1羽)  *オオメダイチドリ(3羽)  *オバシギ(1羽)

     *キアシシギ(2羽)  *コオバシギ(1羽)  *シロチドリ(71羽)  *ソリハシシギ(6羽)

     *ダイゼン(70羽)  *トウネン(1羽)  *ハマシギ(246羽)  *ホウロクシギ(1羽)

     *メダイチドリ(47羽)

     (その他)

     *アオサギ(4羽)  *カラシラサギ(2羽) *クロツラヘラサギ(15羽)  *ダイサギ(8羽)

     *ミサゴ(1羽)

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は13種、その他5種、合計18種の鳥たちを確認できました。

     潮高5.2m、満潮時間9時8分

 

 《雑 感》満潮時、干潟は50mほど残りました。

 

     今日は確認できませんでしたが、昨日(7月16日)の「ズグロカモメ」の写真です。(2羽いました)

     夏羽から冬羽へ「換羽」中と思われます。頭が黒と白の「まだら」になっていました、特に口の周りが白くなっていました。

     「ズグロカモメ」との距離が遠かったので分かりずらいと思いますが、見てください。/チョコパウダー


東よか干潟 情報  7月15日(月)

《確認日》7月15日(月)6時30分~8時30分/晴れ

《報告者》サンドパイパー

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(17羽)  *オオメダイチドリ(2羽)  *オバシギ(1羽)  *キアシシギ(4羽)

     *シロチドリ(28羽)  *セイタカシギ(2羽)  *ソリハシシギ(3羽)  *ダイシャクシギ(15羽)

     *ダイゼン(76羽)  *トウネン(1羽)  *ハマシギ(188羽)  *ホウロクシギ(13羽)

     *メダイチドリ(31羽)

     (その他)

     *アオサギ(10羽)  *カワウ(1羽) *クロツラヘラサギ(12羽)  *ダイサギ(34羽)

     *ミサゴ(2羽)

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は13種、その他5種、合計18種の鳥たちを確認できました。

     潮高5.1m、満潮時間7時42分

 

 《雑 感》満潮時、干潟は100mほど残りました。

     「ハマシギ」が増加中 !!! 「セイタカシギ」は久しぶりに確認しました。


東よか干潟 情報  7月14日(日)

《確認日》7月14日(日)雨☂

《報告者》山のくまさん

 

《確認種》今日の「東よか干潟 」では下記の鳥たちが確認できました。

     (シギ・チドリ類)

     *アオアシシギ(4羽)  *オオメダイチドリ(2羽)  *オバシギ(6羽)  *キアシシギ(1羽)

     *コオバシギ(1羽)  *シロチドリ  *ソリハシシギ(8羽)  *ダイシャクシギ(10羽)

     *ダイゼン(59羽)  *チュウシャクシギ(3羽)  *ハマシギ(142羽)  *ホウロクシギ(15羽)

     *メダイチドリ

     (その他)

     *アオサギ  *カワセミ(2羽)  ズグロカモメ(1羽)  *ダイサギ  *ミサゴ

 

《状 況》 今日のシギ・チドリ類は13種、その他5種、合計18種の鳥たちを確認できました。

     潮高4.9m、満潮時間6時52分

 

 《雑 感》満潮時、干潟は100mほど残りました。

     「カワセミ」の幼鳥が2羽、干潟で遊んでいました (•ө•)

 

     参考写真「カワセミ」

干潟には珍しい「カワセミ」です、東よか干潟の鳥たちと違い、色鮮やかな姿です。2016年1月7日佐賀市の公園にて



東よか干潟 情報  「鳥たち」を観察するには

干潟では潮高が低くい日は「鳥たち」をよく観察できません。(鳥たちが海岸より離れた場所にいるためです)

 

干潟の海岸近くで「鳥たち」を観察できるのは、潮高5mを超える日の満潮時間の1~2時間前後です。

干潟の「鳥たち」を観察に出かける時は「潮汐表」で潮の高さを確認してください。

 

参考:海上保安庁「潮汐で用いられる用語について」

東よか干潟 情報  バックナンバー(情報)


東よか干潟 情報  バックナンバー(写真)


「東よか干潟」 風景

4月22日 曇り のち 晴れ 潮高5.3m、満潮時間10時49分 /チョコパウダー

2019年春 「ヘラシギ」

日本ではとても希少な夏羽の「ヘラシギ」です。「ヘラシギ」の数は全世界で500羽以下と言われています。 /トクさん

名前の由来は「ヘラ状のくちばし」です。 /山のくまさん

「有明海の仲間」紹介  ムツゴロウ

ときどき、野鳥の食事にされちゃいます。有明海名物のムツゴロウです。野鳥とは仲良くありません (⊙︿⊙) 

「有明海の仲間」紹介  シオマネキ

ちょっと汚れて恥ずかしいけど、左のハサミが大きくて カッコイイだろう (⊙︿⊙) 片方のハサミが大きいのは雄だけだよ。

「有明海の仕事」紹介  ムツかけ漁

有明海の伝統漁法「ムツかけ漁」(ムツゴロウのひっかけ漁)でムツゴロウを獲る漁師

「東よか干潟」風景

手前から「石を敷いたところ ➔ 舗装された通路 ➔ シチメンソウ ➔ 柵 ➔ 干潟」

潮が高い日の満潮時には、柵を超えて通路まで潮が来ます。

写真=山のくまさん 東よか干潟/2018年9月2日 (遠くに見える山は、長崎県・普賢岳)