コアオアシシギ

チドリ目シギ科

旅鳥

くちばしは黒く細い。脚は青緑で長い。

夏羽は体の上面が灰褐色、下面は白色、頭部から胸まで淡い青灰色で胸に細かいまだら模様がある。

冬羽は頭部から体の上面は灰色で羽縁がある。ピョー ピョー、ピッピッピッ ピッピッピッと鳴く。

食性は動物食で水生昆虫類、甲殻類、貝類などを食べる。大きさは全長23㎝。

 

河川、湿地、干潟に飛来するが、数は少ない。

撮影=東よか干潟

写真左下 ➔ 左がコアオアシシギ、右がアオアシシギ。大きさの違いを見てください。

コアジサシ  絶滅危惧II類(VU)

チドリ目カモメ科

夏鳥

くちばしは黄色で先端が黒い。脚は橙黄色。翼や尾が長くスマート。海面を旋回し魚を見つけると頭から水面に飛び込んで捕食する。

夏羽は頭部、眼先が黒く額、喉、腹は白い、その他の部分は淡い灰色。冬羽はくちばし、脚が黒褐色になり額の白い部分が広がる。

キリィ キリィと鋭い声で鳴く。食性は動物食でおもに魚類を食べる。大きさは全長28㎝。

 

本州以南の河川、湖沼、海に飛来する。絶滅危惧II類(VU) 参考資料:環境省「コアジサシ繁殖地の保全・配慮方針」

撮影=東よか干潟

                               写真右下 ➔ 魚を銜えています。

コオバシギ

チドリ目シギ科

旅鳥

くちばしは黒く、やや短い。首は短めで比較的太って見える。

夏羽は頭部から腹まで赤褐色で背は濃い茶褐色、下腹部と下尾筒は白色、腰は白地に褐色の斑がある。

冬羽は体の上面が灰褐色で、雌雄同色。ノッ ノッなどと鳴く。食性は動物食で甲殻類、昆虫、ゴカイなどを食べる。

大きさは全長24㎝。

 

干潟や海に近い水田などの湿地に飛来するが、数は少なくオバシギの群れに中に少数いることが多い。

撮影=東よか干潟

写真左下 ➔ 後方はダイゼン                   写真右上 ➔ 羽を広げて着地したコオバシギ、隣はオバシギ

コチドリ

チドリ目チドリ科

夏鳥

くちばしは黒く太めで短い。脚は黄色。目のまわりに黄色の縁取りがある。頭頂部と背面は灰褐色、腹面は白い。

翼の上面に翼帯がない。くちばし➔眼➔側頭部に黒い過眼線があり、額の黒い斑紋と交わる。頸部に黒い首輪状の斑紋がある。

夏羽は斑紋が黒く、冬羽は薄くなる。ピオ ピオと優しい声で鳴く。

食性は動物食で小型昆虫、ミミズ類などの節足動物を食べる。大きさは全長16㎝、日本のチドル類の中では最小。

 

河原、海岸、干拓地などの小石や砂の地上で繁殖する。

国際自然保護連合(IUCN)レットリストの軽度懸念(LC)指定。

撮影=東よか干潟、干潟後背地

コモンシギ

チドリ目シギ科

迷鳥

(日本ではとても稀な鳥)

くちばしは黒く細い。脚は橙黄色。

頭から上面の羽毛には黒色の軸斑と黄褐色の羽縁がある。顔から下面は淡黄褐色で、胸側には黒い斑紋があり、腹と下尾筒の色は淡い。

プリリリリ プリリリリと鳴く。食性は動物食で甲殻類、貝類、ゴカイなどを食べる。大きさは全長20㎝。

 

干潟、水田、河口などに飛来するが、とても稀な鳥。日本には単独飛来の場合が多い。

撮影=東よか干潟周辺(2018年9月28日、ヒロちゃん撮影)