ヨーロッパトウネン

チドリ目シギ科

旅鳥

くちばしと脚は黒い。夏羽は頭から体の上面と胸側は赤褐色で黒い軸斑があり、喉は白い、肩羽は淡色で白っぽい線になって見える。

冬羽は頭、体の上面、胸側は灰褐色で、暗色の軸斑がある。

幼鳥は冬羽より茶褐色味があり、背中にはV字型白線がはっきりしている。チイッ チイッ、ピッ ピッと鳴く。

食性は動物食で昆虫、ゴカイなどを食べる。大きさは全長14㎝、シギ科のなかでは小型。(スズメくらいの大きさ)

 

干潟、湿地、河川などに単独または数羽で飛来するが数は少ない。

撮影=東よか干潟

写真左下、写真右下とも一番小さい鳥がヨーロッパトウネン